上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
第6話 皇女 -Princess-

セシリーは3人組の少女に襲われ、アリアを魔剣として使って応戦する
その頃、ルークの元には帝国の皇女を名乗るシャーロットが訪れ、
ルークを帝国に迎え入れたいと言ってくる


今回、魔剣が4本も新しく出てきました
うち、1本はアリアと同じように擬人化が可能
と言うか、魔剣って全部が擬人化出来る訳じゃないのね(笑)
てっきり魔剣は全て擬人化するのかと思い込んでました
だけどエヴァドニ以外の3本は機会がなかったからしてなかった可能性もあるか
しかし魔剣と言っても形状も様々なんですね
大剣のクレイモア、短剣のボロックナイフ、薙刀っぽいロンパイア
そしてエヴァドニは特殊能力の説明からするとフランベルジュ?かな
こうやって列挙してみると擬人化出来る魔剣はちゃんと名前らしい名前がついてますね
そう考えると残り3本のうち、擬人化出来そうなのはロンパイアくらいか?

大地の大剣クレイモアだが、特殊能力の発動には大地に突き立てないといけないんだろうか
またロンパイアは剣閃を延長した斬撃が可能なようだが、射程はどこまで伸びるのだろうか
そしてボロックナイフは“魔剣殺しの魔剣”と呼ばれていて、相手の特殊能力を無効化するようだが
それって対魔剣においてはかなり強力だが、普通の剣が相手だと
全く持って普通の短剣って事ですよね?
かなり微妙だと思う(笑)
それに比べて黒炎の魔剣エヴァドニは刃は肉を抉り、黒炎は肉を焼くって説明と
剣閃と共に黒炎の塊を放つ事が出来、かなり使えそう
そう考えると擬人化出来る魔剣って出来ない物と比べて結構な力の差がありそうです

帝国の皇女を名乗ったシャーロットですが、いきなり妾の子である事が判明
しかも帝国に帰る為に皇帝に認められる実績としてルークとアリアを連れて行こうとしたようですが
身元照会しても帝国がそれを認めるだろうか?
やった事は強盗未遂だし、皇族からも疎まれている現状から考えると
知らぬ存ぜぬで見捨てられるだけじゃないのか?
少なくとも、シャーロットを皇女だと認めてしまえば外交問題になるだろうから
皇帝の愛情の有無に関わらず、シャーロットを皇女とは認めないはず
下手すれば皇女を騙ったとして罪を問われる可能性すらある
この辺りも次週以降の楽しみですね

そう言えば番組タイトルにもなってるブラックスミスという単語が出てきました
セシリーの反応からすると貿易都市では余り使われない言葉のようですね
ちなみにブラックスミスは黒金、つまり鉄を加工する技術者を指すんですが
セシリーの折れた剣を打ち直せる鍛冶屋がほとんどいないとの事でしたから
貿易都市以外でも使われなくなった言葉なのかもしれませんね
 
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback

http://sheryal.blog24.fc2.com/tb.php/411-17f34434
聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) Vol.1 [Blu-ray]クチコミを見る 正体不明の敵に襲われ迎撃するセシリー。しかし敵の予想外の力に追い詰められていく。その頃、ルークはシャーロット・E・フィーロビッシャーと名乗る少女の来訪を受ける。彼女はルークを帝国へ迎え入れるた?...
2009.11.10 01:05
プロフィール

しぇりある

Author:しぇりある
ここは日記兼アニメ・小説批評の場です
お気に入りなのはガンダムシリーズとマリアさん(ハヤテのごとく!)
他にもあるけどすぐには列挙出来ません

まぁそのうち生態が明らかになるかと…

また、18禁ネタを扱う別館があります
18歳未満の方はご遠慮ください

コメント・トラックバック等は常時受け付けておりますが
内容が不適切だと思われる物・広告の意味合いが強い物は削除させて頂く事があります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
参加中
ハヤテのごとく!SNS SNS_Banner.png

マリアさんFC
MariaFCbanner.png
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。