上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
第10章 吹雪の夜

偵察に出たウェルキンとアリシアだが吹雪の為に足止めを食らう
山小屋で吹雪をやり過ごしていた2人の元に帝国兵がやってきて
手榴弾片手に対峙することに

山の天候は変わり易いものですが
ウェルキンは何をもって吹雪の前兆と捕らえたんでしょうかね
ウェルキンの視線が何を見ていたのかわからないし、判断した理由も言わなかったので
わからないままですが、ウェルキンの知識には脱帽です

山小屋で2人の男女が夜を明かす
これだけだと在り来りな展開が予想されますが
ウェルキンの鈍さを考慮すれば何もないだろうとは思いました
おもいましたけど… 良い雰囲気になるとは思わなかった
少なくとも、アリシアだけが意識してウェルキンは平然としているだろうと思ってたのに(笑)

夜半に山小屋にやってきたミヒャエルですが
あれだけ焦っていたのは負傷していただけじゃなく、脱走兵だったからなのね
いきなり手榴弾で威嚇してきたことも含めて余裕がなさそうだとは思ってたけど
ミヒャエルはあの状況でどうしようと思ってたんだろう
敵兵である2人の抹殺ならそれこそ手榴弾を放り込んで終わりだし
助かりたいと考えてるとは思えない言動だったし
一括りに敵兵といっても様々な背景を背負ってて
人間としては義勇軍人も帝国兵士も変わらないんだ、って話なんだろうけど
ミヒャエルが何を目的としてたのかはわからないままですね

ロージーが2人の捜索に向かおうとしたのをラルゴが止めましたが
意外と思慮深いんだな、と思ってしまいました
ロージーが直情型なのはわかってたけど どちらかと言えばラルゴもそうだと思ってたんだけどねぇ
ちょっとばかりラルゴの評価を改めました

次週は… 何かのパーティーに出席するのかな
セルベリアやイェーガーも出席してたけどどんなパーティーなんだ?
 
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback

http://sheryal.blog24.fc2.com/tb.php/293-c30bd9a2
戦場のヴァルキュリア 1 [DVD]クチコミを見る 山岳部へ偵察に出たウェルキンとアリシア。しかし山の天候は不安定で、快晴から一転、猛吹雪に襲われる。仕方なく二人は、山小屋で嵐が去るのをやり過ごすことにした。そこへ突然、帝国兵が現われ事態は急変する。敵兵はひと...
2009.06.10 03:49
プロフィール

しぇりある

Author:しぇりある
ここは日記兼アニメ・小説批評の場です
お気に入りなのはガンダムシリーズとマリアさん(ハヤテのごとく!)
他にもあるけどすぐには列挙出来ません

まぁそのうち生態が明らかになるかと…

また、18禁ネタを扱う別館があります
18歳未満の方はご遠慮ください

コメント・トラックバック等は常時受け付けておりますが
内容が不適切だと思われる物・広告の意味合いが強い物は削除させて頂く事があります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
参加中
ハヤテのごとく!SNS SNS_Banner.png

マリアさんFC
MariaFCbanner.png
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。