上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
第9章 蒼き魔女

マクシミリアンに下される帰還命令
それと共にセルベリア、イェーガー、グレゴールの3人の元には本国から副官が付けられる
帝国内の権力闘争に巻き込まれ、何が起こるのか?

今回は帝国内での権力闘争のお話でした
名前のついてない皇太子に驚かされましたよ
CV:緑川光さんって合い過ぎ(笑)
でもそうなると緑川さんと福山さんが兄弟か…
豪華な兄弟だな、って思ってしまう私は声ヲタなんでしょうね(笑)

蒼き魔女の本領発揮とも言える戦闘でしたが
他の人の戦闘能力がそれほど取り上げられてないので推測でしかありませんが
個人としての戦闘能力でセルベリアに勝てる人っていないんじゃないかな
少なくとも義勇軍にはあんな戦闘力ある人はいなかったけど
帝国にもあんなのがそんなにいるとは思えないんですよね
あれが古代ヴァルキュリア人の能力、って所でしょうかね

皇太子の取り巻きは絵に描いたように権力にしがみつく連中
そしてこれまた当然のように無能な連中ですねぇ
折角、セルベリアの動きを封じる為に送った副官なのに
始末しようとするのが早すぎです
ちゃんと事が済んでから始末しないと敵側に付くに決まってるじゃないですか
左遷され、自殺したって筋書きは悪くはないですが
転任されてすぐじゃ説得力ないでしょ
更に同時期にそこに赴任していた王族が殺されたら
利用されるだけされて殺されたなんて噂はすぐにされちゃうはず
そうなれば皇太子の威光にも傷が付く
そこまで読めない奴が下手な策謀を練るもんじゃないと思います

セルベリアとマクシミリアンの関係も多少ながら見えてきたようです
おそらく、迫害されて独りだったセルベリアに居場所を与えたのがマクシミリアン
それに報いる為に忠義を尽くす、って所でしょうか
同じようにオザヴァルドの居場所を作ってあげたセルベリアに忠義を尽くすんでしょうね
まぁ戦闘そのものでは力になる必要はなさそうですので
行動するセルベリアの補佐と事後処理に専念しそうですけど(笑)

まぁ義勇軍内でも色々とあるように、敵側である帝国内にも
様々な思惑が蠢いている、って事ですね
 
プロフィール

しぇりある

Author:しぇりある
ここは日記兼アニメ・小説批評の場です
お気に入りなのはガンダムシリーズとマリアさん(ハヤテのごとく!)
他にもあるけどすぐには列挙出来ません

まぁそのうち生態が明らかになるかと…

また、18禁ネタを扱う別館があります
18歳未満の方はご遠慮ください

コメント・トラックバック等は常時受け付けておりますが
内容が不適切だと思われる物・広告の意味合いが強い物は削除させて頂く事があります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
参加中
ハヤテのごとく!SNS SNS_Banner.png

マリアさんFC
MariaFCbanner.png
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。