上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
リボンズが撃たれた事から始まる23話
まぁ素直に撃たれて死ぬ訳ないと思ってましたけど どんな原理なんだろ?
やっと出番を貰えたサーシェス

雌伏の時が終わったとばかりに戦線に雪崩れ込んでくるマネキンですが
どうにもコーラサワーの噛ませ犬っぷりは直りませんね
出撃直後に既にガンダム待ちだったし(笑)
スメラギはマネキン達の動きを読んで策を展開しますが
ここにきて恒例の要塞大出力砲撃
なんか最近のガンダム作品はラスト付近で毎回同じ展開な気がするな…
ア・バオア・クーのように要塞攻略戦って感じじゃなく、
要塞砲の沈黙がミッションの大部分を占めるのは 飽きてきました
つか富野さんが監督じゃないシリーズってそんなのばっかりのような(笑)

正確にはコロニー型外宇宙航行母艦ソレスタルビーイングだったかな
考え方の根底にはノアの箱舟に近いけど
リボンズの思考についてはただの選民思想にしか聞こえませんけどね
つか、名称から考えるとすでに地球には固執してないのかな?
外宇宙航行用って事は太陽系からは出て行くのを目的としてるんだろうし

特攻型の新機体でプトレマイオスに突っ込むイノベイター達
あぁ、特攻するからあんなにぞろぞろとイノベイターがいたのかと納得すると共に
なんか使い捨てにされてるな、と感じてしまう
上位種に逆らえないから命を投げ出して特攻できるんだろうが

特攻型MSがマネキンの艦を襲おうとした時
捨て身で守るコーラサワーですが 1期・2期通して初めての魅せ場でした
まぁここまで噛ませ犬だったのを考えればやっとの魅せ場だったけど
それがあれじゃなんか報われないねぇ…
しかもSEEDの少佐のような立場でもなかったのに散り際だけが印象的でも…

イノベイターの母艦に突入するも迎撃にオートマトンが
そう言えばあったよなぁ、って感じです(笑)
これもF91のバグと大差ないな、と思うも バグの方が性能は上でした
だってバグは空も飛べるし複数個でMS打ち落とせたもんな
オートマトンにはそこまでは無理でしょうな
艦内に入り込んだオートマトンを白兵で迎撃に向かうスメラギの前に
オートマトンを連れた片桐が登場
そう言えば片桐もエイフマン教授の敵討ち&裏切ったスメラギへの復讐が目的なんだろうけど
実際の仇ってイノベイターと言ったほうがいいんじゃないのか?
トリニティの出資をしていたアレハンドロはリボンズの計画通りに動いてた感じだし

ロックオンとサーシェスが対峙し戦いが始まりましたが
この展開は私が望まなかったものです
だってこの段階でロックオンとサーシェスが戦い始めたって事は
刹那との因縁を考えたらロックオンが負ける流れでしょ?
負けてもいいが死なないといいなぁ…

最後に
ラッセは頑張ってたと思います
スポンサーサイト
 
プロフィール

しぇりある

Author:しぇりある
ここは日記兼アニメ・小説批評の場です
お気に入りなのはガンダムシリーズとマリアさん(ハヤテのごとく!)
他にもあるけどすぐには列挙出来ません

まぁそのうち生態が明らかになるかと…

また、18禁ネタを扱う別館があります
18歳未満の方はご遠慮ください

コメント・トラックバック等は常時受け付けておりますが
内容が不適切だと思われる物・広告の意味合いが強い物は削除させて頂く事があります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
参加中
ハヤテのごとく!SNS SNS_Banner.png

マリアさんFC
MariaFCbanner.png
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。