上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
賑やかな中こそ寂しさが凍みる。 第257話「誰かが君を」


人工的に作られた王玉の影響で現れた神話の化け物が三千院家のホテルに現れる
襲われた咲夜を助けたのはマキナ
ここに新たな主従関係が構築される?
少なくとも、今後マキナがアテネの元に戻っても咲夜への温情は残っていそうですね
まぁ温情と言うよりも食い気かもしれませんが(笑)
そんなマキナの特性を掴み、コントロールする咲夜
扱いが上手いですよね

突如現れた雪路ジャーク将軍
イタリアからギリシャが飛行機で2時間とは言え、あの電話だけでよく来る気になったものです
そして恐らくは飛行機代を出したであろう京ノ介は一緒に来なかったんでしょうか(笑)
と言うよりも、本当にイタリアにいたんだな、って思うのと同時に
あの電話からさっくりと2時間以上経過してた事になってるのに驚きました
そして雪路からの言葉
ちょっと深いですよねぇ…
でもこんな言葉がかけられてるようでは ヒナギクルートからは外れてるっぽいですよね(笑)

そしてどこまでもポジティブな歩
普通な歩の中の、並じゃない想いの深さ
それに救われた気になるヒナギク
なんか、凄いですよね… 
普通な歩はどこまでこの想いを貫けるのか、楽しみです

そして神話の化け物がうろつくホテル内で変わらぬ人物が2名
ミイラ男を給仕に使う愛歌とテキパキと指示を出すマリアさん
やっぱこの2人は大物ですねぇ(笑)
スポンサーサイト
 
第256話「question at me」
感謝の気持ちと、その笑顔…


ハヤテの感謝の言葉で赤面するアテネ
そして心動かされるアテネですが、キングミダスの意思が思考を歪ませているのでしょうか
アテネの本心としてはハヤテを信じてるにも関わらず、アテネの思考を誘導していきます
アテネが確かめたい「あれ」とは一体なんなのでしょうかね
そしてそれを翻弄するかのように石の破壊を知らせるハヤテ
一瞬にしてアテネの思考が飲み込まれた辺り、効果は覿面だったようですが…
忠告の一言を残してハヤテは攻撃を受けます
薄れ往く意識の狭間でハヤテが見たのはキングミダスに取り込まれるかのようなアテネの姿

そして一転、イタリアにいる雪路に電話をするヒナギク
その様子からヒナギクの異変に気付くんですから 酔いどれとは言え、姉ですね
ただ、イタリアの様子が草津と変わんないってのは…
そう言えば取材行けなかったから草津っぽい風景が描写されてたんですよね
雪路の方はすっかり忘れていましたよ

そして三千院家が借り切った経営ホテルでは仮装が始まる
なんか色々と突っ込み所が満載だが 敢えて被り物についてはスルー
それよりも今後、マキナを敵と認定します
マリアさんが作ったハンバーガーの旨さに惹かれたんだとしても
いきなりプロポーズするなんて許せません
まぁマリアさんがあっさりと流したけれども…
それでもマキナを敵と認識します
 
アテネを救いたい……!! だが彼女は、救われたいのか……!?
第255話「一つ目の言葉」


ハヤテに襲い掛かるアテネ
それを掻い潜りながら会話を試みるハヤテだが
今回のタイトル「一つ目の言葉」はどれだったんだろうか?
「あの城を出たかったんじゃないのか!!」だろうか?
それとも10年前の剣の細工から始まる一連の話、その最後を飾った
「ありがとう……… 守ってくれて…」だろうか?
まぁ「君に言いたかったんだ」なんて前置きが付くくらいだから 後者なんでしょうかね
それを聞いて赤面するアテネですが これは良い兆候でしょうね

と、今週の内容を短くまとめてしまったので 補足の様に王玉の事を少々
王族の庭城への道を開く為の石ってのは今まで何度も説明があった通り
しかし、その道を開く為の方法が新たにわかりました
「人の― 負の感情の爆発を利用して― 城への道は開かれる――」らしいけど
この伏線で帝がハヤテに王玉を渡した理由の説明になりそうですね
ハヤテの両親に対する憤怒・怨嗟あたりを狙っていたのかもしれません
ナギには紫子の死に対する拒絶・取り巻く環境への不満と言った所でしょうか
ワタルには美琴が渡したので深い意味はないのかもしれませんが
ワタルの大切な人、伊澄やサキが引き金になりそうです
唯一、わからないのは愛歌
愛歌の場合、背景が全く見えてきてないので推測のし様がない(笑)

で、ふと思ったのは現在の状況
帝は王玉をアテネに与えたいのかどうか?
アテネと協力関係にあるのならば 帝からアテネに渡されていたはずです
そうだとすると今は関係断絶してるのか?
それとも道を開く為の負の感情を演出するためにハヤテに託したのか?
恐らくですが、親しい人の死がもたらす感情では道を開けなかったから
それをハヤテに代行させようとしてるのかも?と考えてしまいます
しかし、それが叶わない今となっては 次に狙うのは嫉妬あたりか?
 
お嬢様の未来も、アテネの命も、すべてを背負う執事の背中――
第254話「そして最後の対決」


遂にアテネを救う為に動き出すハヤテたちだが
久し振りに銀華登場
本当に久し振りの登場だが、アニメ2期で見たので忘れてはいなかったです(笑)
そして鷺ノ宮家に伝わる伝説の宝具「神のピコピコハンマー」
木刀・正宗といい、神のピコピコハンマーと言い、流石鷺ノ宮家です
宝具と言えども色んな期待を裏切りませんね

ボロボロのマキナが登場して、場の雰囲気は一変
銀華は容赦なく襲い掛かるしシリアスから一気にコメディに変貌
しかもボロボロになっててもハンバーガーがあれば大丈夫って…
マキナの体力は食欲に直結してるんでしょうか?
まるでRPGのようにハンバーガーを食べればみるみるライフポイントが回復とか(笑)
更にその状況を利用し、マキナを飼い慣らそうとする咲夜
そこまで深く考えての行動ではないとは言え、マキナの懐柔成功か?

そしてアテネ宅で早速迷子になる伊澄
1コマは一緒にいたので最短記録更新にはなりませんでしたが
どんな時だろうと設定を守るのは大物の証か?
しかも迷子になって辿り着いた場所は王玉のレプリカ製造の場所
迷子になりつつ、核心の場所に辿り着くんですからね…
やはり幸運の女神に愛された人です

ハヤテはミノタウロスに遭遇しますが剣の一振りで勝ってしまいます
ハヤテの戦闘能力が上がってるのか、決意によって理性のリミッターが外れてるのか
それともミノタウロスが見た目だけだったのか?(笑)

そしてアテネの元に辿り着くハヤテだが…
少なくともマキナが傍にいないので 奥の手である大蛇は出せないでしょう
尤も、伊澄が封じられているのでその必要もないのかもしれませんがね
アテネの剣戟を防ぎながらハヤテは説得できるのか?
 
第253話 「Proof」
信じているから、ここから先の未来を託す――


今週も中身は濃いが書くことが少なくなりそうです
それと共に、年末進行+明日が祝日だってのをすっかり忘れかけてて
帰りがけにサンデー売ってるのに気付きました(笑)

今週のテーマっぽいものを付けるとしたら
ナギの想いとハヤテの決意って感じでしょうかね
主人としてナギが取った行動に対するハヤテの心中とも言えるかも
これによってハヤテの“一番守りたい人”ってのはナギに確定したっぽいです
まぁ確定したからと言ってそれがハヤテの恋愛対象って感じにはならないんでしょうけどね
ただし、抱き締められた事でナギがどう思ったのかは別物
ナギ視点で解釈すればハヤテと相思相愛だと思うのも仕方ないかと思います

それと今回で一番守りたい人=ナギって図式にはなったけど
一番守りたい人=一番大切な人って感じでもないんですよね
普通ならイコールで結ばれるんだろうけど ハヤテの事だからねぇ…
少なくともアテネを好きな人だと自覚している以上、今後もどうなるのか楽しみです

と言うか、なんかアテネとキング・ミダス関連はこの旅行編で決着つけちゃうの?
このまま進むと残ってるのはロイヤルガーデンについてくらいになっちゃうんだが…
それにアテネと和解しちゃって日本に戻ってから大丈夫なのか?と考えてしまう
と言うよりも既に終わりに近づいてるような雰囲気なのが…
 
プロフィール

しぇりある

Author:しぇりある
ここは日記兼アニメ・小説批評の場です
お気に入りなのはガンダムシリーズとマリアさん(ハヤテのごとく!)
他にもあるけどすぐには列挙出来ません

まぁそのうち生態が明らかになるかと…

また、18禁ネタを扱う別館があります
18歳未満の方はご遠慮ください

コメント・トラックバック等は常時受け付けておりますが
内容が不適切だと思われる物・広告の意味合いが強い物は削除させて頂く事があります

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
参加中
ハヤテのごとく!SNS SNS_Banner.png

マリアさんFC
MariaFCbanner.png
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。